前へ
次へ

中国語の学習方法にはどんなものがあるか

中国は世界経済的にはとても高い位置に存在しています。日本国内で働くよりも高い給与を出す企業が多い。そこで、日本から中国に職を求めてわたる日本人も多くなっています。そこまではいかなくとも、日本企業の中で中国に進出している企業は多く、それらの企業では、日本から中国へ従業員を派遣、出向させているところもあります。外国で働く場合には、それがどこであっても、まずは語学ができなければ話になりません。中国で働く場合にも、もちろんある程度の語学力をつけた上で現地に赴くことになります。しかも、できるだけ早く中国語をマスターしたいと考えることでしょう。中国語の学習に関しては、その発音を何よりも先にマスターすることが大切です。発音が独特なので、それを相手に通じる程度には発音できるように発音練習をすることがまず第一の学習になるでしょう。その上で、多くの語彙や、日常よく使うフレーズを暗記することで、日常生活上不便がない程度にすることが必要となってきます。その際、日本国内にいて練習するよりは、もし現地にいくことが決まっているようならば、一足先に現地に赴いて、外国の環境の中で練習をする方が習得が早くなります。何度も恥ずかしい思いをしながら、実地に中国人相手に話をすることで、教材で暗記したよく使う表現を試してみるのです。それらの一般的な表現が実際にはあまり使えない、ということもよくあるため、自分が働く場所周辺でよく使うフレーズや話し方を実施で覚えていくことが何よりも効率が良い手段となります。こうして基本的な生活用語の使い方がマスターできた後には、しっかりとした文法で足場を固めていきます。よく言われることですが、中国語には文法がないとされています。もちろんこれは極端な言い方で、基本文法は存在しています。しかし難しい日本語文法をマスターできているわけですから、それよりも簡単な文法ならば努力次第で短時間でマスターできるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top